Date

競売の流れをつかめ

競売の流れをつかんで自分を守る
Breast Cancer Ribbon

まず最初に競売にかけられる流れを説明します

世の中には、自分が購入した家を必然的に売り払わなければならないケースがありますね。

例えば、銀行から融資を受けていて、融資を返済する事が出来ない場合は銀行側は債務者の担保としている自宅を競売にかけるという方法が一般的にあったり、そんな形の流れがありますが、債務者自身が、とても良い任意売却会社を見つけて、その会社に自宅を売ってもらうという方法もあります。

私の場合は競売にかけられる流れの前にネットで人気があり、評判が高い任意売却会社を探し出して、自宅を売ってもらう事をお願い致しました。

任意売却会社にも、良い会社とあまり良くない会社があり、自宅を売った時の金額の差がたくさん出てきますので、評判が高くて優良な会社を見つける事が必要だと思います。

私の自宅は何故、競売にかけられるのか説明致しますと、自営業を営んでいまして、その自営業の経営が悪化して失敗してしまい、返済する事が出来なくなってしまいました。

最初は悲観的で絶望していましたが、評判が高い強みになる任意売却会社が存在する事を知る事が出来て、希望を感じる事が出来ました。

私は30前半で起業しました。

最初の10年は経営も悪化せずに1500万の家もローンで購入しました。

妻も出来て、子供も二人授かり、人生は良いスタートを切っていたのですが、会社が経営難に陥ってしまい、会社のお金の工面が次第に少しずつ出来なくなってしまい、銀行もこれ以上は融資は出来ないという事で、このままでは競売にかける流れになると、言われてしまいました。

そこで、私は希望を捨てずに評判が高くて売る時に高値で自宅を売ってくれる任意売却会社をネットで見つける事にしましたが、任意売却会社は多数、会社が存在する事がわかりました。

中でも任意売却会社に詳しく解説や多数の企業を説明してくれるインターネットにホームページがございます。

私が見ているサイトは

競売する流れがわかるのはここ

このサイトで、私のように自宅を競売などで手放さなければならない流れの人達にとっては、とても参考になって素晴らしいサイトとなりますので、是非ともアクセスしてみてください。

きっと参考になるのは間違いないでしょう。

Comments are closed.